リテールマーケティング(販売士)検定

販売士検定

2021年度実施分より1級~3級すべての級がネット試験方式での随時施⾏に変わりました。
今後は会場での試験実施はありません。
※「ネット試験方式」…各地商工会議所が開拓・認定した全国のネット試験会場において、同会場が定めた試験日時(随時)に、試験問題の出題・解答・採点・合否判定までを同会場に設置されているパソコン上で行う試験方式。
○ネット試験形式の概要や申込み、受験会場についてはこちらをご覧ください。

リテールマーケティング(販売士)検定試験情報

受験料

級別受験料(税込)
1級7,850円
2級5,770円
3級4,200円

※受理した受験料は、試験施行の中止などの事情がある場合のほかは返還しません。

受験資格

学歴・年齢・性別・国籍等の制限はありません。

申込方法

窓口での場合

受験者は、上記受付期間に所定の申込書に受験者本人がご記入の上、受験料を添えて、玉名商工会議所までお申込ください。

インターネットの場合

クレジットカード決済、コンビニ決済のいずれかとなります。
但し、別に事務手数料が440円かかります。詳細は「インターネット申込み」をご覧ください。

合格基準

5科目とも100点満点とし、(1)全科目の平均点が70点以上、(2)50点未満の科目がないこと、
以上の2つの条件を満たした場合、合格とします。

合格発表

以下のリンクよりご確認いただけます。

試験結果

以下のリンクより成績の照会が可能です。

試験種目及び程度

級別科目試験時間程度
1級 小売業の類型
マーチャンダイジング
ストアオペレーション
120分 経営に関する極めて高度な知識を身につけ、商品計画からマーケティング、
経営計画の立案や財務予測等の経営管理について適切な判断ができる。
マーケティング
販売・経営管理
80分
2級 小売業の類型
マーチャンダイジング
60分 マーケティング、マーチャンダイジングをはじめとする流通・小売業におけ
る高度な専門知識を身につけている。
ストアオペレーション
マーケティング
販売・経営管理
90分
3級 小売業の類型
マーチャンダイジング
ストアオペレーション
マーケティング
販売・経営管理
100分 マーケティングの基本的な考え方や流通・小売業で必要な基礎知識・技能を
理解している。

また、詳しい試験範囲については日本商工会議所(リテールマーケティング(販売士)検定)ホームページもご参照ください。

免除科目

免除申請をする場合、科目別合格証明書および科目免除を記載した修了証明書のコピーを玉名商工会議所まで持参、郵送またはFAXしてください。申込の際に科目免除の申請をされていても、必要書類の提出がない場合、提出期日を過ぎた場合、申請に不備がある場合は、科目が免除になりません。

※いずれも有効期限内のもの、もしくは該当する施行回にのみ有効となりますのでご注意ください。
※リテールマーケティング(販売士)検定試験の免除科目の詳細に関しては日本商工会議所ホームページをご確認ください。

資格の有効期間

資格の有効期間は、5年となります。

試験当日に持参するもの

試験当日は、以下のものをご持参ください。(計算用紙は配布します)

①受験票

②筆記用具(HBまたはBの黒鉛筆、シャープペン、消しゴム)

③四則演算機能のみの電卓

④身分証明書
原則として氏名、生年月日、顔写真のいずれも確認できる運転免許証、旅券(パスポート)、学生証、社員証など。
ただし、小学生以下は必要ありません。
身分証明書をお持ちでない方は、玉名商工会議所(Tel 0968-72-3106)迄ご相談ください。

日本商工会議所(リテールマーケティング(販売士)検定)ホームページもご参照ください。

個人情報の利用目的

検定試験に係る個人情報の利用目的については、以下をご覧ください。

電話をかける お問い合わせ